体臭が気になる瞬間とは

少し離れたところにいても他人の臭いがわかることがありますが、自分が発している臭いには気が付きにくいものです。たとえば、汗をたくさんかいたときや、満員電車など混み合ったところにいるとき、気になる異性が近くにいるときなど、自分の体臭が気になると思います。

体臭が気になる部位ランキング

股間を抑える女性
no.1

臭いがきついと言われているワキ

体臭にもいろいろありますが、中でもワキガは特有のきつい臭いを放ちます。しかもその臭いは強く、少し離れたところにいる人でさえ、その臭いに気が付くほどです。ワキガに悩む方も多く、病院で治療も受けられるようになっています。

no.2

コミュニケーションを不快にさせる口臭

誰かと話をしている時や、その人に近寄っただけで口臭が漂ってきます。口臭を引き起こす原因はさまざまであり、年齢や性別に関係なく発生します。口臭を放っている本人は、自分に口臭があることに気が付いていないため、周りはとても不快な思いをします。

no.3

女性に多い陰部の臭い

男性よりも女性に多いのが陰部からの臭いです。女性はおりものや生理など、陰部から分泌物が出てきますし、下着内は適度な温度と湿度が保たれていますので雑菌が繁殖しやすいのです。下着の種類や経血の量などによって臭いの強さも変わってきます。

陰部の臭いに悩んでいる人は多い!

陰部の臭いに悩む方は少なくありません。たとえば、生理中は自分でも経血の臭いがわかるほど、臭いがきつく漂ってくることがありますし、他の女性の陰部の臭いが気になることがあるからです。陰部の臭いが気になってしまうと、外出することや誰かと話すことさえ億劫になってしまうでしょう。

PMSとPMDDの違い

PMSよりもPMDDのほうが症状が重い

PMSもPMDDもどちらも生理前に現れる体と心の不調であり、主にホルモンバランスの乱れによって引き起こされます。PMSの典型的な症状は、頭痛や便秘、イライラ、眠気などであり、症状もそれほど重くはならないです。一方でPMDDは、生理前になると生活に支障をきたすレベルまで、精神的にアンバランスになるのです。

PMDDのほうが不調が長く続き、治療法も異なる

PMSが生理の始まる少し前から不調が見られるようになるのに対して、PMDDは生理の2週間くらい前から現れ始めます。しかも症状が重いため、治療法も異なっています。PMSの治療は産婦人科を受診するのに対して、PMDDは精神科で治療を受けるのが適しています。

人気の高い布ナプキンを数多く紹介中♪

陰部の臭いがコンプレックスなら【対策をしっかり行なう】

女性たち

月経不順と臭いの関係性

ストレスや生活習慣の乱れなどが原因で、月経不順に悩む女性が少なくありません。実は、月経不順と臭いには関係があるので、注意が必要です。それは月経不順により、女性ホルモンの分泌バランスが乱れるようになるからです。女性ホルモンには、発汗を抑制する働きがあるのですが、その減少によって汗をかきやすくなり体臭もきつくなります。他にも、女性ホルモンが減少すると毛深くなります。毛深くなるとそれだけ雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまい、それが臭いを発生させるのです。